トオイダイスケ『greyish blue』リリースライブ

2019年はGUCA企画にてトオイダイスケ『greyish blue』リリースライブを開催します! 


guca佐藤が「まるごとトオイダイスケのライブをつくりたいので、トオイさん、お任せしていいですか?」とお願いしてご快諾いただきました。ぜひ、ほがらかな気持ちでいらしてください。ご予約お待ちしております。

以下、チラシの内容のテキスト版です。

『flourish EP』に続く1年4ヶ月振りのニューアルバム『greyish blue』を全曲演奏および発売します。ソロで数曲、山田あずささんのヴィブラフォンとデュオで数曲、鴇田智哉さんの俳句新作朗読とデュオで組曲「greyish blue suite」を演奏します。


日時 9月15日(日)14:00~(13:30開場)
場所 渋谷 公園通りクラシックス(渋谷区宇田川町19−5 東京山手教会 B1F)
チャージ 2000円+1drink

info.guca@gmail.com 宛に
・代表者のお名前
・人数
・電話番号
をご記入の上、お申し込みください。
(満席になり次第受付終了)

お問い合わせ guca(太田ユリ・佐藤文香)info.guca@gmail.com主催 guca 協力 午前十三時社

出演者プロフィール

鴇田智哉(ときた・ともや)
1969年千葉県生れ。結社「魚座」「雲」その後退会。同人誌「オルガン」創刊参加。俳句研究賞、俳人協会新人賞、田中裕明賞受賞。句集に『こゑふたつ』(2005年)、『凧と円柱』(2015年)。

山田あずさ(やまだ・あずさ)
鍵盤打楽器奏者。北海道富良野出身。桐朋学園大学音楽学部カレッジデュプロマコースにてマリンバを専攻、マリンバを世界的なマリンバ奏者安倍圭子、浜まゆみの両氏に師事。現在、WUJA BIN BIN、渋さ知らズ オーケストラ、自身のバンド MoMo、nouon、黒船/白船などで演奏。星野源やタクシー・サウダージ、高木正勝などボーカリストのステージサポート、海外公演やレコーディングなど様々なフィールドで活動中。https://c-ritmo.com

トオイダイスケ
音楽家。作編曲・キーボード・エレクトリックベースを主に手掛ける。主な参加作品にけもの『美しい傷』『めたもるシティ』など、自己名義での作品に『flourish EP』がある。また俳句作品を「澤」「傍点」にて発表している。https://daisuketoi.com/

短詩系マガジン「guca2号 今年も文学フリマ東京で販売します!

短詩系マガジン「guca」、2号!
2018年11月25日、第二十六回文学フリマ東京にて販売いたします!
ブース G-50(Eホール(1F))
カテゴリ:詩歌/俳句・短歌・川柳

文学フリマ詳細は→こちら

* * *

短詩系マガジン[グーカ]
2号
目次

特集 はじめての池田澄子

巻頭作品
ココロ 池田澄子

池田澄子インタビュー
逢って、思って、書く。

池田澄子への20の質問

まずはここから 池田澄子への入り口

暗唱できる! 池田澄子15句/『思ってます』より15句 佐藤文香選

エッセイ
池田澄子に入門する 永井祐
漂流する手紙 野村由芽
まだまだ考え続けるひと 村井康司
秋の素足 阪西敦子

池田澄子インスパイア
漫画 鶴谷香央理
短歌 奥村晃作

Intersection of Haiku and Tanka 吉田竜宇

編集後記

表紙撮影:南 阿沙美
Tシャツ
俳句 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ  池田澄子
デザイン 平戸淳正

デザイン 髙久麻里・原麻理子

イラスト 原麻理子